読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

妊娠中のマイナートラブル!妊娠中の歯周病や虫歯の原因と対処法!

マイナートラブル

妊娠中のマイナートラブルの一つに歯周病や虫歯があることをご存知でしょうか?

よく産院でも歯科検診のポスターが貼ってあったり、助産師さんから歯科検診を受けるように薦められたりしますよね。

妊娠時にはつわりによる食生活の変化やホルモンの影響によって、虫歯や歯周病になりやすいといわれています。

今回は、そんな妊娠中の虫歯や歯周病の原因とその対処法についてご紹介します!

 

妊娠中の歯周病や虫歯の原因

妊娠時におこる歯周病・虫歯およびう蝕症はつわりで食生活が変化し、口腔内が酸性になり、口腔清掃が困難となることで歯に歯石が蓄積しやすくなることで起こります。

さらに妊娠時には、女性ホルモン分泌量の増加によって歯肉構内の歯周病原菌が増加し、免疫応答が抑制され血管の透過性が亢進することで歯肉に炎症が起こります。

 

妊娠中の歯周病・虫歯の対処法

妊娠時の歯周病およびう蝕症の発生を防ぐためにはまずブラッシングを徹底させることが大切です。

しかし、つわり時の嘔吐感などによりブラッシングが困難な場合が多く、その場合ブラッシングの工夫として、1日のうちでつわりが軽く体調の良い時間に磨く、ぶくぶくうがいを十分に行う、刺激の強い歯磨材などは使用しないなどがあります。

 

注意すべき疾患

 

・妊娠性エプーリス

妊娠中に見られる良性の繊維性組織の増殖を妊娠性エプーリスといい、上顎の歯間乳頭部に見られることが多いのですが、エプーリスに対する処置は原則として外科的な処置になります。

しかし、妊娠性エプーリスは分娩後に自然消失することもあるので、外科的処置は出産後に行います。

 

・歯肉の着色

妊娠中のホルモンバランスの変化などでまれに着色がみられることがありますがほとんどの場合、分娩に伴い自然治癒します。

 

いかがでしたか?

妊娠中の歯肉炎や虫歯は、つわりによる食生活の変化やホルモンバランスの影響が原因で起こっていたんですね!

つわりなどで、なかなかブラッシングが難しい場合でも負担のかからない方法

でこまめに口腔内をキレイに保つように心がけましょう!