読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

妊娠中のマイナートラブル!妊娠中の便秘や痔の原因とその対処法!

妊娠すると多くのママさん達が悩まされるのが便秘や痔です。

特に女性は妊娠に関係なく、生理中や生理前などのホルモンバランスの変化によって便秘や下痢などの腸トラブルが起こりやすいですよね…。

実は私も元々便秘がちな体質なのですが、妊娠中はさらに便秘が酷くなり、下剤が手放せませんでした。

ではなぜ、妊娠中は便秘や痔になりやすいのでしょうか?

今回はそんな妊娠中の便秘や痔の原因とその対処法をご紹介します!

 

妊娠中の便秘や痔の原因

 

・便秘

妊娠中は胎盤から分泌されるプロゲステロンによって腸管の蠕動が弱まり、内容物の通過時間が長くなります。

また、水分やナトリウムの腸管への吸収が促進されるため便が硬くなりやすく、さらに妊娠後期から末期になると、増大した子宮や胎児が下部腸管を圧迫することで内容物がより停滞しやすくなります。

その結果、便秘・硬便・腹部膨満感を訴える女性が多くなるのです。

 

・痔

肛門周囲の粘膜下には、血管が豊富で肛門を閉じる働きをするクッションのような部分があるのですが、子宮の増大に伴う静脈還流の障害、排便時の過度のいきみ、硬便によってこのクッション内の静脈うっ血が増して痔を形成します。

 

妊娠中の便秘や痔の対処法

 

・便秘

便秘の予防には十分量の水分や食物繊維の接種、適度な運動などの生活上の注意が必要です。

必要に応じて緩下剤を補助的に使うといいとされていますが、センナ類は「大量投与により子宮収縮を誘発し、流早産の危険性がある」といわれているので、過量摂取しないように注意しなければいけません。

・痔

痔の予防には便秘を防ぐことが最も重要であり、ライフスタイルを改善し適切に緩下剤を使用しなければいけません。

また痔核がすでにある場合には肛門周囲の温浴、局所の清潔保持を心がけ、緩下剤の使用を考慮します。

また痛みの強い場合には、ステロイドや局所麻酔薬を含んだ軟膏などの使用を検討しますが、漫然と長期使用しないように注意しなければいけません。

 

いかがでしたか?

ただでさえ辛い便秘や痔ですが、妊娠中は子宮の増大やホルモンの影響によりさらに便秘がちになってしまいます。

あまりにひどい場合は、お医者さんと相談して妊娠中でも安全に使用できる下剤を処方してもらいましょう!