妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

妊娠中の薬物療法!妊娠中の市販薬の服用って赤ちゃんに影響するの!?

「妊娠中の薬物療法!妊娠中の市販薬の服用って赤ちゃんに影響するの!?」

妊娠すると特に気を付けなければいけないのが薬剤の使用です。
薬剤の中には、赤ちゃんの発育に影響を及ぼすものや奇形を誘発するものもあるため、服用している場合には薬剤を中止するか、減薬しなければいけません。
私も、慢性的に胃腸が悪く吐き気止めなどの薬を服用していたのですが、妊娠中は薬の服用を中断していました。
では、病院ではお医者さんから薬剤の使用をストップされますが、ドラッグストアなどで売ってある市販薬はどうでしょう?
今回は妊娠中の市販薬の服用についてお話します!

■妊娠中の市販薬の服用

・総合感冒
総合感冒薬には、解熱鎮痛薬、抗ヒスタミン薬、鎮咳薬、ビタミン剤などさまざまな成分が含まれており、これらの成分が先天異常の発生率を高める可能性は低いと考えられています。
しかし、中枢性麻薬性鎮咳成分のコデインリン酸塩では、催奇形性との関連を示唆する調査報告と、関連は認められないという相反する疫学調査があり、結論は出ていません。
また、妊娠中にジヒドロコデイン含有の市販薬を乱用した母親の児で、離脱症状を認めたという報告があり、これらの成分を含む薬を自己判断で長期的に使用することは避けることが望ましいといわれています。

・解熱鎮痛薬
解熱鎮痛薬は総合感冒薬にも含まれており、成分や妊娠週数によっては注意が必要になります。
イブプロフェンやロキソプロフェンに代表される、非ステロイド性抗炎症薬では、先天異常の発生率を高めることはないと考えられていますが、妊娠後期の使用は胎児の動脈管の収縮や、新生児遷延性肺高血症との関連が指摘されているため避けるべきであるといわれています。

・胃腸薬
市販の胃腸薬は、H2ブロッカーや生薬を含む健胃薬、制酸薬、消化薬などこれらを組み合わせた複合胃腸薬に分けられます。
これらの胃腸薬は疫学調査の結果やこれまでの使用経験から、先天異常の発生率を高めることはないと考えられていますが、一方で、妊娠中の消化器症状は子宮の増大による腹圧の上昇が原因の場合もあり、食生活の工夫で改善することもあるといわれています。

いかがでしたか?
妊娠中の市販薬の使用は、赤ちゃんへの影響が示唆されている成分もあり一概に安全であるとはいえないようです。
もしも、服用しなければいけない理由がある場合は、産科のお医者さんに相談してから服用するようにしましょう!