読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

麻疹・風疹ワクチン接種後の妊娠は大丈夫!?

「麻疹・風疹ワクチン接種後の妊娠は大丈夫!?」

結婚すると、次に考えるのは妊娠ですよね!
大切なパートナーとの間に子供を授かることは、何ものにも代えがたい喜びです。
そんな妊娠を希望している女性にとって、妊娠にあたって必ずしておかなくてはいけないのが、麻疹や風疹のワクチン接種です。
麻疹や風疹は、妊娠中に感染してしまうと重篤な合併症を引き起こす可能性もある恐ろしい病気なので、ワクチンによる予防が何より大切なんです。
そのため、妊娠前にワクチン接種をするママさんも多いと思いますが、このワクチンには、弱毒性があるため妊娠中には接種できません。
では、もしワクチンの接種後に妊娠に気が付いたり、接種後すぐに妊娠した場合などは大丈夫なのでしょうか?
そこで今回は、ワクチン接種後の妊娠についてお話ししたいと思います!

■ワクチン接種後の妊娠
麻疹や風疹の予防法であるワクチン接種には、妊娠可能な女性においてはあらかじめ、約1ヵ月間避妊したのちに接種することと、ワクチン接種後2ヵ月は妊娠させないように注意することが、添付文章に記載されています。
ですが、ワクチン接種後に妊娠に気づいた場合、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。では、ワクチン接種後に妊娠が判明した場合や、接種後2ヵ月以内に妊娠した場合はどうなるのでしょうか?

・薬学的介入
(風疹)
妊娠中に野生株の風疹に感染した場合、先天性風疹症候群が赤ちゃんにもたらされる可能性があることが知られており、また、接種と先天性風疹症候群の関連が懸念されていましたが、ワクチン接種により、先天性風疹症候群が発症したという症例はありません。

(麻疹)
妊娠中に麻疹に感染した場合、流産や死産、先天奇形の増加につながる可能性があるという報告があります。
また、麻疹・風疹ワクチンは、弱毒化生ワクチンであるため理論的には、赤ちゃんへの感染リスクを除外できないこと、妊娠中の接種による影響に関するデータが少ないことから、日本の添付文章でも禁忌となっており、妊娠中の女性の麻疹・風疹ワクチンの接種は推奨されていません。
また、生ワクチン接種後は、赤ちゃんへの影響の理論上の懸念から避妊を徹底させることが推奨されています。しかし、接種後に妊娠に気が付くことや接種後2ヵ月以内に妊娠することがありえますが、妊娠を中絶する理由にはならないとされています。

いかがでしたか?
妊娠中に麻疹・風疹に感染してしまうと母子ともに命を落とす可能性もあるので、ワクチンの接種は絶対に受けておかなくてはいけません。
ですが、ワクチンには赤ちゃんによくない成分も含まれているので、妊娠が判明してからだと受けることができないんですね。
ただ、ワクチン接種後に妊娠に気づいたという場合は、過剰に心配する必要はありませんが、ワクチン接種後の妊娠に対する注意が記載されているように、赤ちゃんへの影響が100%ないとはいえないので、まずはワクチンをきちんと接種してから妊娠を計画していきましょう!