妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

冷え性ママさん要注意!手足の冷えなどが妊娠・出産に与える影響

妊娠中や妊娠に関係なく、手や足などが常に冷たい冷え性の方って結構多いですよね。

妊娠中や妊娠に関係なく、手や足などが常に冷たい冷え性の方って結構多いですよね。
実は私も冷え性で、冬場なんかは手や足の先が常に冷たく、レッグウォーマーなどが欠かせません。
ですが、冷え性というだけでは何か生活に困ったり、重大な病気になったりということはあまりないので、特に気にしてしない方も多いのではないでしょうか?しかし、妊娠中の冷え性となると話は違います。
妊娠中の冷え性には、妊娠や出産に影響を与える可能性があるんです!
今回は、そんな冷え性ママさんの妊娠中の手足の冷えが与える影響をご紹介します!

妊娠中の冷えが与える影響

妊娠中の冷えは、倦怠感や腹部膨満感、頭痛や腰痛などのマイナートラブルを悪化させます。
また、冷えは早産や前期破水、微弱陣痛などの割合も増加してしまうので妊娠中のママさんにとって、冷えは大敵なんです!
そんなママさんの大敵、冷えを改善するためのポイントをいくつかご紹介します!

・身体を温める食生活や食べ方の工夫
身体を温める食材には、しょうがやネギ、ニンジンやゴマ、根菜類などがあります。これらの食材を上手に献立に取り入れて、冷えを改善させましょう!
また、飲み物などのも温かいものにしたり、砂糖や果物、生野菜は体を冷やすので食べ過ぎに注意しましょう!

・冷えを改善する服装
冷えを改善するためには、体が冷えないような服装を心がけることが大切です。
首や手首、足首の裏面には、血管が走っており外気にさらされることで冷えやすくなるので、ストールやマフラー、靴下やレッグウォーマーなどで覆うようにしましょう。
また、お腹周りの冷えは子宮の血流が減り、お腹を張りやすくするので腹巻や毛糸のパンツなどでお腹を温めることも大切です。

日常生活でも冷え対策

日常生活の中でも冷えを対策する方法はいくつかあります。
特に入浴は、全身を温めリラックス効果もあるのでオススメです。
他にも、運動で筋肉を動かすことにより血行がよくなるので、気軽に始められるウォーキングなどを習慣にしていくと冷え性の対策にもなりますよ!

最後に

いかがでしたか?妊娠中の身体の冷えは、頭痛や腰痛などのマイナートラブルなどを悪化させるだけでなく、早産や前期破水の原因にもなるんですね。
たかが冷えと甘く考えず、自分にできるやり方でいいので、冷え性対策を心がけることが大切です。

以上「冷え性ママさん要注意!手足の冷えなどが妊娠・出産に与える影響」でした。