妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

妊娠中は虫歯になりやすい?虫歯と歯周病の話

「妊娠中は虫歯になりやすい?虫歯と歯周病の話」

f:id:tmura3:20160817135116p:plain

 

妊娠中は、虫歯や歯周病になりやすいということをご存知でしょうか? 妊婦健診に行くと、産院で歯科検診を受けるように勧められたことのあるママさんも多いと思います。 実は私も、全くの虫歯知らずだったのですが、妊娠・出産を機に歯肉炎になったり、時々歯が痛むようになり、妊娠前に比べて歯が弱くなってしまいました。 ではなぜ、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいのでしょうか? 今回は、そんな妊娠中の虫歯や歯周病について学んでいきましょう!

妊娠中の虫歯や歯周病の原因

妊娠中におこる虫歯や歯周病は、つわりによる食生活の変化で口腔内が酸性になり口腔清掃が困難となることで、歯に歯石が蓄積しやすくなることが原因でおこります。 さらに、女性ホルモン分泌量の増加で、歯肉口内の歯周病原因菌が増加し、免疫応答も抑制され、血管の透過性が亢進することで歯肉に炎症がおこります。

虫歯や歯周病の特徴

妊娠中の虫歯や、歯周病は妊娠初期から出産までいつ発症してもおかしくありません。 症状としては、歯周病は歯肉の発赤や出血、腫脹、歯の動揺などがあり、虫歯の場合は、歯の実質欠損や冷水痛などの症状があるので、これらの症状が出た場合はすぐにお医者さんに相談しましょう!

歯肉の着色

妊娠中のホルモンバランスの変化などで、まれに歯肉に着色が見られることがあります。ですが、ほとんどの場合分娩に伴い、自然治癒していくので心配ありません。

妊娠中の虫歯や歯周病の対処法

妊娠中の虫歯や歯周病の発生を防ぐためには、まずブラッシングを徹底させることが大切です。 ですが、つわりなどの嘔吐感によりブラッシングが難しい場合もあるので、そういった場合は、1日のうちでつわりが軽く体調の良い時間に磨いたり、うがいを十分に行ったり、小さなヘッドの歯ブラシを使用するなどの工夫をしましょう! また、歯間歯ブラシやデンタルフロスなどを使用するのもオススメです。

最後に

 

いかがでしたか? 妊娠に伴う体やホルモンバランスの変化が、歯にも影響を与えていたんですね!妊娠中は、痛み止めなどが使えない場合が多いので、虫歯や歯周病にならないように、日頃から丁寧なブラッシングを心がけるようにしましょう! ただし、妊娠性エブーリスといわれる疾患の場合もあるので、注意が必要です。

以上「妊娠中は虫歯になりやすい?虫歯と歯周病の話」でした。