妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

貧血ママさんは要注意!妊娠中の貧血とその対処法

「貧血ママさん要注意!妊娠中の貧血とその対処法」

f:id:tmura3:20160811214121p:plain

 

妊娠中は、食生活や体重、内臓疾患や栄養面など気を付けなければいけないことがたくさんありますよね! 中でも貧血は、妊娠中になりやすい症状の一つでもあります。 貧血が強くなると、めまいがしたり疲れやすくなったりして辛いですよね。 今回はそんな、妊娠中の貧血とその対処法についてご紹介します!

妊娠中の貧血の原因

貧血とは、ヘモグロビン濃度が減少している状態で妊婦に見られる貧血を総称して、妊娠貧血といいます。 貧血の原因は様々ですが、赤ちゃんへの鉄の供給も必要になるため、鉄欠乏になりやすく、鉄欠乏性の低色素性小球貧血になりやすい傾向があります。 また、妊娠中の貧血は、早産や胎児発育不全などとも関連があり、赤ちゃんの!成長後の、心血管系疾患の発症率を高めるともいわれているので注意が必要です。

貧血の改善法

妊娠中の貧血を予防したり改善するためのポイントがあるのでご紹介します! ・規則正しく栄養バランスの良い食生活を心がける 1日3食を規則的にとり、主食・主菜・副菜を上手く組み合わせたバランスの良い食事をすることがポイントです。

・良質のたんぱく質が含まれている食品を取り入れる

たんぱく質は、減少した赤血球ヘモグロビンなどの成分の材料となる重要な栄養素です。良質なたんぱく質が含まれている食品には、肉類・魚介類、乳製品、大豆製品などがあるので、毎回の食事にバランスよく取り入れる工夫をしましょう!

・鉄分の吸収を高めたり造血作用のあるビタミンを多く取る

鉄分は体内に吸収されにくく、それだけで摂取してもほとんどが吸収されずに体外に排出されてしまいます。なのでビタミンCの多い食品や、血液を作る機能をアップするたんぱく質の多い食品、葉酸の多い食品などを一緒に摂取することで、鉄分の効果的な吸収につながります。

最後に

 

いかがでしたか?赤ちゃんの体にたくさんの鉄分が送られるため、ママの体は鉄分不足で貧血になってしまうんですね。貧血で疲れやすくなると、何もしたくなくなりますよね。そうなってしまうと、ますます動きたくなくなって健康にも悪いので、貧血気味だというママさんは、ご紹介したポイントに注意して食生活を見直してみましょう! ただし、あまりに貧血が酷い場合などは他の疾患が隠れている可能性もあるので我慢せずに、お医者さんに相談することも大切です。

 

以上「貧血ママさん要注意!妊娠中の貧血とその対処法」でした。