読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

意外と多い?妊娠中のかゆみを伴う病気のまとめ

妊娠中のかゆみを伴う皮膚疾患

 妊娠中は、ホルモンの影響で肌が乾燥してかゆみがひどくなったり、湿疹が出ることがあります。手足の外側、胸や腹、背中などに多く現れ、かゆみが強いのが特徴です。また、病的なものとしてかゆみを伴う皮膚疾患には、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)、妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)、PUPPP、というものがあります。どれもアトピー性皮膚炎とはことなり、妊娠特有のものです。全てに共通するのは猛烈で痒みであり、この症状に悩まされているママさんも多いのではないしょうか。

妊娠性痒疹

 妊娠初期から中期に発症し、四肢や体幹に現れます。湿疹の形状としては、肌が赤くなって盛り上がり、中心部に湿疹が出来ます。症状がアトピー性皮膚炎と似ているため、アトピー性皮膚炎と間違われやすいですが、別の疾患になります。原因は詳しいことは分かっていないのが現状ですが、ママさんがアレルギー体質な人はなりやすいとも言われています。また、妊娠中の食生活が悪いと発症しやすいのではないかとも考えられています。

妊娠性疱疹

 妊娠中期から発症し、まれに産後に発症する人もいます。湿疹の形状としては肌が赤くなって盛り上がり、水ぶくれ状になります。このような症状が全身に現れます。妊娠しているママさんの約5万人に1人という極めて珍しい疾患です。原因はよく分かっていません。通常、出産後数週間~数ヶ月以内に自然に治りますが、生理の時や経口避妊薬を服用したとき、次回妊娠したときに再び症状が現れることがあります。

PURPP

 妊娠後期に発症し、腹部から症状が現れます。湿疹の形状としては、肌が盛り上がり、赤くなる人もいます。肥満の方や多胎妊娠の方に比較的多く見られます。これは特に痒みが強く、睡眠不足になる人も多いです。出産後は比較的すぐに症状が治まります。

赤ちゃんへの影響は?

 症状がひどい方の場合は夜も眠れないほど痒くて掻きむしってしまう、という方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃんへの影響はどうでしょうか。妊娠性痒疹で赤ちゃんに影響がおこることはまずありません。お薬で使われるステロイド薬も、分子量が大きく胎盤を通過しないため、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。むしろ疾患そのものより、痒みからくるストレスや睡眠不足のほうが問題でしょう。ストレスや睡眠不足は子宮を収縮させますし、高血圧など他の病気を誘発させる危険もあります。

治療は?

 原因が妊娠によるものですので、根本的な治療はありません。薬によって症状を抑えるという形になります。ステロイドがよく使用されますが、先程も述べたように赤ちゃんへの影響はありません。むしろ痒みによるストレスや睡眠不足のほうが悪影響ですので、きちんとお薬を使いましょう。また、保湿によるスキンケアも重要になってきますので、自分にあったものを見つけて使用しましょう。化繊を含むストッキングや下着などは控えた方が良いでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか?ママさんはかゆみが体質的に出やすいですが、一番心配だと思うステロイド外用薬は比較的安全に使えます。きちんとかゆみがあるときは皮膚科の先生に相談しましょう。

以上「意外と多い?妊娠中のかゆみを伴う病気のまとめ」