読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

お腹の中の赤ちゃんが元気な証拠!胎児呼吸様運動や胎動、羊水量や筋緊張でわかる赤ちゃんの状態とは?

f:id:tmura3:20160801124141p:plain

待望の赤ちゃんを授かると、ママにとって一番気になるのが妊娠経過が順調かどうかですよね。妊婦健診に行くたびに元気に動く我が子の姿を、エコーでみるととってもホッとします。

また胎動がはじまると、ますます赤ちゃんの存在や元気な様子を感じ取ることができて、とっても安心しますよね。
私も妊娠中は、妊婦健診で見る我が子の元気な姿は、たとえモニター越しでもとっても嬉しかったのを覚えています。
今回はそんな赤ちゃんの元気の証拠でもある、胎児呼吸様運動や胎動、羊水量や筋緊張についてご紹介します!

■胎児呼吸様運動とは?
胎児呼吸様運動とは、お腹の中の赤ちゃんによる産まれてからのための呼吸の練習であると考えられています。
妊娠後期の赤ちゃんは、羊水を飲んで肺に取り込み、また排出しているのですが、私たち成人が肺に空気を吸い込んで吐き出す循環運動と、胎児が羊水を飲んで吐き出す運動が似ていることから、呼吸様運動と名づけられました。
また、呼吸様運動は肺機能の完成と、成熟を促す必要不可欠な運動でもあるのです。
胎児呼吸様運動が始まるのは、妊娠16週前後なのですが、妊娠周期とともにゆっくりと規則正しい呼吸パターンになっていきます。
また、胎児呼吸様運動が確認できたときは、羊水量や筋緊張、胎動なども正常であるということも確認できるといわれています。

■呼吸様運動と出生直後の呼吸の変化
胎児呼吸様運動は、産まれてからの呼吸の練習なのですが、同時に肺や気道などの呼吸器系も発達していきます。
出生後は、赤ちゃんの頭が出ると同時に肺や気道の分泌物が自然に排出されたり、吸収されるようになります。そのためママの体から外に出ると、胸腔に空気が入り、呼吸ができるようになるんです。これが赤ちゃんの第一声でもあるんですね。

いかがでしたか?妊婦健診の際の超音波検査では、毎回、胎動や羊水量、筋緊張や胎児呼吸様運動を観察していたんですね!
赤ちゃんも産まれてくるための準備を、ママの体のなかで一生懸命行っているんですね。
また、胎児の呼吸様運動をはっきり確認することができれば、「赤ちゃんはほぼ元気」といえます。

 

以上「お腹の中の赤ちゃんが元気な証拠!胎児呼吸様運動や胎動、羊水量や筋緊張でわかる赤ちゃんの状態とは?」でした。