読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠した時の読み物

妊娠に関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

つわりって何?時期、原因から対処法まで徹底解説

つわりとは?

f:id:tmura3:20160801124141p:plain

つわりは、主に妊娠初期に起こるマイナートラブルといわれる不快症状の1つことです。つわりは妊娠している50~80%ものママさんにみられます。つわりは妊娠して最初に訪れる試練ともいえるでしょう。

つわりはいつはじまっていつ終わる?

つわりは、妊娠5~6週ごろから感じやすくなる人が多いです。でも安心してください。つわりは妊娠中ずっと続くというわけではありません。妊娠12~16週頃に自然と症状が落ち着いていく人がほとんどのようです。

つわりの症状は?

症状は個人差が大きく、全く症状がない人もいれば、出産の日まで長く不快症状に悩まされる人まで様々です。主な症状としては吐き気、胸やけ、食欲不振などの消化器症状が代表格です。その他にもホルモンの影響で眠気やだるさが強くなったり、いつもは大丈夫なにおいに敏感になったり、食べ物の好みが変わったりと様々な症状があります。

つわりの原因は? 

では、どうしてつわりが起こるのでしょうか。実ははっきりとした原因は分かっていません。妊娠に伴うホルモンの変化の影響や、環境の変化の不適応、高プロゲステロンによる消化管の蠕動運動の低下による食物の停留などが一因とも考えられています。

つわりの治療法

つわりは病気ではないので治療法はありませんが、お母さんママさんの症状に合わせて対処法を工夫することで、つわりと向き合いながら妊娠生活をおくることができます。しかし、吐き気が強くて食物はおろか水分も摂れず脱水症状が重い場合などは妊娠悪阻(にんしんおそ)と呼ばれる病的な状態の危険もあるので、すぐにかかりつけの産婦人科を受診するようにしましょう。

産婦人科へ行く判断のポイント

受診のポイントとしては、

  1. 吐き気・嘔吐がひどくて食べられない
  2. トイレの回数が減った
  3. 水分もうけつけない
  4. 数日の間に5%以上の体重が減少(体重50kgであれば2.5kg以上)などがあります。

これらの症状が1つでも見られたら、母子ともに危険な状態になることもありますので早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。夜間などの病院の診療時間外でもお産を行っている産婦人科なら助産師さん、看護婦さん、先生が通常はいて受診するべきかどうかなど電話で相談できます。かならず電話連絡してから受診するようにしましょう。

つわりの時のおすすめの対処法

 次はつわりの時のおすすめの対処法についてご紹介したいと思います。まずは、食べたいときに食べたいものを食べるということです。この時期の赤ちゃんはまだ小さいので、つわりがひどい時に無理をして食べなくても赤ちゃんへの栄養が不足することはないので安心して下さい。しかし、脱水症状にならないように水分補給はしっかり行いましょう。スポーツドリンクやジュースなど飲めそうなものを飲みましょう。水を飲んだだけでも、刺激で吐き気を誘発する時は氷を口に含み、少しずつ溶かしながら水分補給するのもおすすめです。食べ物の工夫としては葉酸やビタミンB群を含む食材もおすすめです。納豆、いわしなどに多く含まれる葉酸とバナナ、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜や果物などに含まれるビタミンB群が不足するとつわりが重くなるといわれています。調子がいい時は、卵や乳製品、大豆やレバーなどの良質なたんぱく質と一緒にビタミンB群をとるよう心掛けてください。

つわりの周辺の理解も大切

働くママさんにとって通勤ラッシュの電車ほどつらいものはありません。妊娠中、つわりなどで体調が悪いときの時差出勤や勤務時間の短縮は法律で認められています。つらいときは会社に相談してみましょう。また、家事も無理はせず、家族の方に協力してもらえるよう話し合いましょう。この時期は自分の体調を優先してのんびり過ごすことが大切です。困ったときはかかりつけの病院の医師や助産師に相談してみて下さいね。

最後に

 いくつかの対処方をご紹介しましたが、つわりの症状も個人差があるように、対処方についても自分にあったものを見つけて、快適な妊娠生活を送っていきましょう。